Windows 8.1にアップグレードするには

Windows 8.1にアップグレードするには

Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XPからWindows 8.1にアップグレードするには

Windows 8.1にアップデートする際には、注意すべき点が複数あります。Windows 8と異なり、Windows 8.1では従来のようなアップグレードライセンスは発売されません。しかしながら、Windows 7、Vista、XPからWindows 8.1にアップグレードする際に、コストを抑える方法は存在します。 完全な説明を見ます

Windows 8.1にアップデートする際には、注意すべき点が複数あります。Windows 8と異なり、Windows 8.1では従来のようなアップグレードライセンスは発売されません。しかしながら、Windows 7、Vista、XPからWindows 8.1にアップグレードする際に、コストを抑える方法は存在します。

Windowsの入手可能なバージョン: Windows8 完全版 現行のライセンスは不要で、完全版を新規でインストールできる

Windows8Pro(Windows8のビジネス向けバージョン) 完全版 Windows XP、Vista、 Windows 7からアップグレード可能

Windows8へのアップグレード WindowsXP、Vista、Windows7からアップグレード可能

Windows8Proへのアップグレード WindowsXP、Vista、Windows7からアップグレード可能

Windows8Proパック Windows8からWindows8Proにアップグレード可能 特定の機能のアクティベーションが必要

Windows8.1 完全版 現行のライセンスは不要で、完全版を新規でインストールできる

Windows8.1Pro 完全版 現行のライセンスは不要で、完全版を新規でインストールできる

Windows8からのアップグレード:簡単です! 既にWindows8をお使いの場合は、難しくありません。Windows8.1のインストールは、これまでのWindowsのサービスパックのインストールと同様、お使いのソフトウェア、設定、文書、アプリをそのまま引き継ぐことができます。

Windows7からのアップグレード:2通りの方法があります Windows7からWindows8.1にアップグレードする場合は、設定とファイル、個人情報のみが引き継がれます。Windows7にインストールされているソフトウェアは継続されない点に注意してください。Windows 8以前の古いバージョンをお使いの人向けには、残念ながらMicrosoftはアップグレードバージョンを用意していないのが現状です。 ただ、Windows7からまずWindows8にアップグレードし、その後にWindows8.1にアップグレードすることが可能です。この2つの段階を踏めば、インストール済みのソフトウェアを継続して使用することができます。加えて、Windows8.1のライセンスを購入するよりも、Windows8からWindows8.1へのアップグレード版の方が安いのです。 一方、インストール済みのソフトウェアは、適正な互換性のあるもののみ機能します。ソフトウェアをアップグレードする必要があるかどうかは、Windows8のアップグレードウィザードによって示されます。ですので、アップグレードウィザードの情報を正確にチェックしましょう。Windows8にまずアップデートする方法に意味があるかどうかを判断する材料になります。Windows7のままで様子を見ようという結論に至るかもしれません。

重要:Windows8Proにまずアップグレードしましょう!Windows8.1へのアップデートは無料ですし、Windows8とWindows8Proのアップグレードのコストにそれほど違いはありません。さらに、Windows8.1にアップデートしてからWindows8.1Proにアップグレードするとなるとより高くつきます。

WindowsVistaからのアップグレード:Service Packを確認しましょう WindowsVistaからアップグレードする場合、システム設定とファイルしか引き継ぐことができません。残念ながら、Windows7を経由してアップグレードする方法も存在しません。原理的には、Windows7、Windows8と段階的にアップグレードする方法が考えられますが、この場合は2種類のライセンスが必要です。互換性の面を考えると、このステップを踏むことは価値があるでしょう。 どんな場合にも、WindowsVistaのService Pack 1がインストール済みであるかどうかを確認しましょう。Service Pack 1が存在しない場合には、Windows8.1へのアップグレードによってプログラム設定が失われることがあります。Service Pack 1に加えて、Service Pack 2がインストール済みである場合も問題ありません。

WindowsXPからのアップグレード:Vistaからのアップグレードとほぼ同様 WindowsXPからのアップグレードは、Vistaからのアップグレードと類似しています。インストール済みのファイルは影響を受けません。一方、システム設定は維持されません。

Windows7、Vistaをお使いの場合は、まずWindows8Proにアップグレードすることでコストを削減できます。アップグレードの際には、WindowsXPのService Pack 3が必要になります。

まとめ Windows8を既にお使いの場合、Windows8.1へのアップデートは簡単です。無料であるだけでなく、お使いのソフトウェアや設定が維持されます。Windows7、Vista、XPをお使いの場合、まずWindows8Proにアップデートすることをおすすめします。現在お使いのバージョンから何が引き継げるかは現在のバージョンによって異なります。Windows8.1Proの購入はさらに高価なので、まずWindows8Proを購入するというステップを経ることで、コストを抑えることができます。

※ダウンロードボタンをクリックすると、Microsoftの公式チュートリアルページに移動します。
Windows8.1に関するレビューはこちら

Windows 8.1にアップグレードするには

ダウンロード

Windows 8.1にアップグレードするには